サントリー

2009年11月13日

ウイスキーと音楽と。



ぱっちにとって、ウイスキーと言えばこれ。


だるま サントリーオールド ウイスキー

 同時に思い浮かぶのが、あの有名なCMソング。
 小林亜星先生作曲の「夜がくる」です。

 



これほど商品とCM楽曲がマッチングするのは珍しいと思います。




サントリーオールドCM


深夜、弱い白熱電灯のほの暗い明かりの中、オン・ザ・ロックのグラスを傾けながら、一人飲むウイスキー。

そんなシチュエーションにピッタリはまります。

やはりウイスキーには歌詞のないインストゥルメンタルが良く合います。

ぱっちなら、ジョー・サンプルのピアノ曲か、ニニ・ロッソのトランペット曲を静かに流しながら、静かにグラスを傾けたいところです。

久しぶりにウイスキーが飲みたくなって来た。








patchjin at 19:29|PermalinkComments(10)TrackBack(0)