自然・昆虫・動物

2012年12月02日

晩秋から初冬へ。


 晩秋の青空に銀杏燃ゆ

121201_1531~02121201_1531~01
















街の銀杏並木もどんどん葉を散らしてゆく中、過ぎゆく秋を惜しむかのように葉をつけたままの木樹が陽の光に照らされて燃えるように輝くさまに、思わず足を止めていました。



patchjin at 11:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年03月31日

ひと足はやく。

sakura2011

名古屋市昭和区にある香積院のシダレザクラです。

ひと足はやく満開になってました。

P.S. 美里さん「桜咲く」おめでとう!


patchjin at 17:53|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2011年01月16日

雪積もりました。


皆様
明けましておめでとうございました。
m(_ _)m

(爆)

とっくの昔に2011年の幕は上がり、成人式も終わり、1月もはや16日、半分終わってしまいました。
(>_<)

そして、今日は名古屋市内でも珍しく積雪しております。
(継続中)


ef591f29.jpg
a702fe33.jpg


こんなに積もるのは久しぶりです。

夜になって、路面の雪は溶ける気配はなく、明日はチェーンを装着しての出勤になりそうです。


dd37b1fa.jpg

今はこんな感じ。
(;゜д゜)

とりあえず、明るいうちにチェーンは装着済み。

明日は大渋滞だろうなぁ。
(´・ω・`)

おやじさん
都会はこの程度で都市高速も通行止めですから。

明日は早起きして渋滞前のアイスバーンをかっ飛ばして出勤だぜ。
(チェーン巻いたからかっ飛ばせんわ 爆)

では
雪見て一杯。
( ̄∀ ̄)



patchjin at 18:30|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2010年11月01日

珍客。


夕食時、白菜を切っていた家内の突然の悲鳴。
〜何故悲鳴?

「何か居る!気持ち悪い!」

はは〜ん。芋虫か。
(今時の白菜に芋虫とは珍しい。)

確かに直径8青の穴の周りに、フンと思われる大量の物体が多数。
(写メは差し控えさせて頂きます)

とりあえず、虫の活動拠点より手前を包丁で切り、虫とフンを隔離してから白菜の葉を剥がして行きますと、出ました出ました。

冷蔵されて息も絶え絶えの可哀相な芋虫さん。
(恐らくタテハ系の蝶の幼虫)


c4b030ca.jpg

手の平で温めてやると元気に復活
(家族のブーイングの嵐の中)

本来なら白菜を餌に飼ってやりたい所ですが、周囲の反応がそれを絶対に許さない雰囲気だったので、仕方なく外のなるべく柔らかい野草のある空き地まで走って逃がして来ました。

手の平で温めたらすぐにフンをしたので、食べ物さえ合えば必ず生き延びてくれる事と思います。

うちで気持ち悪がった面々よ。

ぱっちに言わせれば今時農薬を使わない白菜を食べられる事を教えてくれた愛おしい虫なのに。

君達はいつか虫に仕返しされても文句は言えないよ。

最後に、この幼虫が何の幼虫であるかは我が親友のSUNNY氏に調べて頂く事にします。
(勝手に依頼 爆)

よろしく



patchjin at 20:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年07月29日

蝉の羽化。


皆さんこんばんは(゚▽゚)/
先日の7時過ぎ、会社帰りのぱっちは穴蝉を探しに公園に。 そこで見つけたのがこの一匹。
 6d572187.jpg
b865255b.jpg

明らかにアブラゼミの幼虫です。
アブラゼミの幼虫の羽化は何度も見ていますが、写メに撮った事はないので、この機会に皆さんにもお見せしましょう。


41e9d9a9.jpg ポジションを固定して約1時間。 背中が割れて脱皮が始まりました。
65a8a9cb.jpg
4f6edd9d.jpg
95ca2583.jpg

画質の悪さはご容赦下さい。 m(_ _)m ここまでおよそ30分。 逆さまになって全てのパーツが蛹から出た状態です。

e59346a3.jpg
564458fd.jpg
e74b3f17.jpg

ここから、必死の腹筋で起き上がります。 (`・ω・´)
 
7544818a.jpg
3b7d0ca0.jpg
9b6b9076.jpg

腹筋を使っての起き上がりが成功すると、羽を伸ばす作業に移ります。
 
f9553edd.jpg
4a415c6d.jpg
fd2a65af.jpg

無事に羽根が伸びると、次は本来のセミの形へと変わって行きます。
 
554e4910.jpg
08f1f2c3.jpg

これで完了。 あとはアブラゼミ特有の焦げ茶色のボディに徐々に変わって行きます。
 
f7b429de.jpg
6da59615.jpg
733588fd.jpg

脱皮開始は午後8時、約1時間で脱皮が完了して腹筋を使って正常位に戻ったのが午後9時半頃、そこから色がどんどん変わって行きました。

翌朝はやく、近くの木に放してあげました。
ちなみにアブラゼミのメスでした。

ぱっちはまだクマゼミの幼虫と羽化だけ見た事がないので、いつかは見てみたいと思い、毎年公園を探しています。(笑) 来年は見つけたいなぁ。
( ̄∀ ̄)


 


patchjin at 21:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0)