2014年08月30日

珍明解現代なごや言葉あれこれ〜ち

【ちんちん】           あつい
【ちんちこちん】                    とてもあつい
 


「ちんちん」は熱い状態を表すことばです。あの「ちんちん」とは発音が違いますのでご注意下さい。
更に熱い状態は「ちんちこちん」に変化しますが、これは「つんつん」における「つんつくつん」や
「ぱんぱん」における「ぱんぱかぱん」などと同様の変化となります。




「風呂がちんちこちんになってまっとるぞ」
『風呂がとても熱くなってしまっていますよ』

「湯がちんちんに沸いとるで気をつけたってちょう」
『湯が熱く沸いていますから気をつけてあげて下さいね』



この「ちんちん」や「ちんちこちん」は我が家ではまだまだ現役の名古屋弁です。
うちの子供達は父親の影響をモロに受けて普通以上に名古屋弁体質になってしまいました。
ちなみに我が家では電子レンジ調理の事は「チンする」と言います。













おやじ 「ぱっちさん、それまんだちんちこちんだで気をつけないかんに」

ぱっち 「ちょこっとそばに行くだけでちんちんだて分かるくりゃああちいなも」

おやじ 「さっきまでまっかっかになっとったはがねだでなぁ」

ぱっち 「ぱっちにはきいなく見えたけど」

おやじ 「温度がたきゃあと赤よりだいだいや黄色っぽく見えるでな」

ぱっち 「さわったらどうなってまうかな」

おやじ 「たわけぇ、さわった瞬間にハンドステーキの出来上がりだわ」

ぱっち 「そこまで焼けるかね」

おやじ 「ウェルダンとおりこいて真っ黒けだわ」

ぱっち 「お〜こわ」



patchjin at 18:30│Comments(0)TrackBack(0) なごや弁 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔