2013年05月01日

珍明解現代なごや言葉あれこれ〜と

【とんきる】                      タクシーに乗る


「とんきる」は名古屋人でも特定の年代の特定のグループの人にしか通じない名古屋弁かも知れません。
「とんきった」とか「とんきってく」という使い方をします。

「今日パチンコで儲かったで、とんきってかえるわ」
『今日パチンコで儲かったので、タクシーに乗って帰ります』

「この時間だと、とんきってってもギリギリかもしれんね」
『この時間だと、タクシーに乗って行ってもギリギリかも知れませんね』


この「とんきる」という言い方と同じ部類で「まちきる」というのもあります。
「まちきる」は「待つ」という事です。
「まちきっとった」→「待っていた」となる訳です。








おやじ 「ぱっちさん、どんだけまちきっとったとおもっとりゃあすの」

ぱっち 「わるいわるい、名駅からとんきってきたんだけどどえりゃあ渋滞だでかん」

おやじ 「とんきってくるよしか地下鉄の方が早かったんだにゃあの」

ぱっち 「階段登ったり降りたりしとる時間がムダだがや」

おやじ 「ほんでもとんきって遅刻しとったらおんなじだがね」

ぱっち 「ほんだで悪かったていっとるがね」

おやじ 「ほんな事よりはよいこまい、まんだギリギリ間に合う時間だで」

ぱっち 「あんま走らんといてよ、心臓あぶってまうで」



patchjin at 19:00│Comments(0)TrackBack(0) なごや弁 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔