2012年10月31日

珍明解現代なごや言葉あれこれ〜な

【なも】                            ですね


「なも」は喋り言葉の最後につくもので、「じゃん」とか「がや」とか「がね」と同じような性質のなごや言葉です。
どちらかと言うと「上町」の上品ななごや言葉の終助詞なので、「なも」「えも」を使う場合は少しゆっくりしゃべると雰囲気が出ます。


「よう来てちょうだゃあたなも」
『よく来てくださいましたね』

「やっとかめだなも」
『おひさしぶりですね』

「なも」             ※同意する場合、なも単体でも用いられます。
『ですね』


そう言えば昔、この地方のラジオ局(東海ラジオ)の番組で「ウィークリーなもなもクラブ」(たぶん)と言うのがあったのを思い出しました。




おやじ 「ぱっちさん、どおしやぁた」

ぱっち 「あのなも、聞いてちょぉだゃあすか」

おやじ 「聞いたますに言ってみやぁ」

ぱっち 「きんのう試験があってなも」

おやじ 「ほう」

ぱっち 「全然出来んかってえも」

おやじ 「ほりゃいかんかったなも」

ぱっち 「こんで2回目だもんでまぁ受かる気がせんくなってまってなも」

おやじ 「3度目の正直て言うで来年また頑張るだわ」

ぱっち 「なも」



patchjin at 19:00│Comments(0)TrackBack(0) なごや弁 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔